す も も の 缶 詰

ツブヤキニッキ

会えない母に手紙を書く

f:id:schazzie:20201203044157j:plain

相変わらず施設にいる母に会えないので、手紙を書いていたら4時。実家に通っている時は、今頃出かける準備をしていたなと思いながら、手紙に封をした。


手紙は嬉しそうに読んでいるというので、毎回書く事は同じなのだけれど、定期的に書いている。


コロナで会いに行けなくてごめんね。

みんな元気でいるから心配しないで。

一日も早く会える日が来ることを願っている。

どうか無事で元気でいてね。


本当に、本当に、いつになったら会えるのだろう?今の感染拡大状況ではいつまで経っても絶望的。


先日、甥(義兄の息子)が結婚するというので、当の二人と義兄夫婦と私達夫婦の6人で顔合わせ。ソーシャルディスタンスを取る為、広めのマンションのロビーで会い、普通ならお食事でもとなるところ、会食はなし。二人は結婚式もできない。


結婚して名古屋に行き、子供が産まれた姪(弟の娘)にもいまだ全く会えていない。姪は私に似ているので、子供ももしかしたら私に似ているかもしれないから、是非会ってみたいのに。


それに、姪の子供は母には初曾孫。手紙で写真を送ってあげたら、とても喜んで部屋に飾っているとか。早く会わせてあげたいのに、これもまた叶わぬ事なのだろうか。

コツコツ頑張る

f:id:schazzie:20201121210944j:plain

一人で地道にコツコツやっていた事が認められると、誰しも嬉しいと思う。昨日、今日とささやかだけれど嬉しい事があった。暗い道にわずかに光が射した。光はすぐに消えるのだけれど、再び光を見る事を目標に、またコツコツ頑張る!心が折れる毎日ばかりだけどね。

モバイルシールド

f:id:schazzie:20201120000335j:plain

モバイルシールド(=扇子)だって。

医師の北村義浩先生のお薦め。

薦め方がおちゃめでwww(News23


実は私もマスクを外した飲食時にマスク代わりに使ってます。作家の芦川 淳一さんの受け売りです。


「静かなマスク会食」とか「5つの小」とかしか言えない行政には絶望。マスクをすれば100%安全というわけじゃないのに、何を言ってるんだろう?


そもそもマスクを何度も触るって、しかも口の周りで、かえって危険でしょう。ウィルスが付着してるかもしれないから、触る度に手も消毒しなきゃだよね。


結局どっちつかずの顎マスクになるのがオチ。ウィルス付着してるかもしれないのに。だったら扇子を使った方がいいと思います。扇子も表裏を間違えないよう、使ったら消毒必須だけど。

命の選別

年老いた親にも会えないのは今も変わらないが、さらに感染拡大すれば、こうした命の選別も行われる。そういう事態になって行く事を分かっているのかな、世間の人々は?自分さえ良ければ、自分さえ楽しければいいのかな?もし自分が、自分の家族が、自分の愛する人がそうなったらと想像して、危機意識を持つべきじゃないかな。


【日本集中治療医学会の西田修理事長は、治療の中止や差し控えを推奨するものではないとしたうえで「万が一の事態に、医師や患者、それに家族がよく話し合い適切に対応できるようまとめたものだが、最も重要なのはこうした事態に陥らないことだ。一人ひとりが感染予防の意識をもう一度高めて、最悪の事態を回避すべきだ」と話しています。】(本文抜粋)


NHK News

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201115/k10012712831000.html