schazzie's notebook

ボーカリスト“schazzie”の雑記帳

ホープ軒

f:id:schazzie:20170715233202j:image

危険食物、ホープ軒のラーメン。
先日ホープ軒の話をしていて、すご〜く食べたくなっていたところ、たまたま前を通ったのが運のつき。ちゃっかりと美味しくいただいて来ました。とりあえず、今日は1万歩以上歩いて来ましたから。( ̄▽ ̄;)

桔梗

f:id:schazzie:20170715232835j:image

f:id:schazzie:20170715232848j:image
夏になると実家の庭にも咲いていた桔梗。懐かしい思いで見ました。さらに今日は神宮で、今年初のセミの鳴き声を聞き、暑さ以外で夏の訪れを感じました。

家の近くではまだ全然聞こえてこないセミの声。考えてみればセミは地中に7年間いるのですよね。地区開発ですっかり土を掘り返してしまったから、この周辺にはセミの幼虫がいなくなってしまったのでしょうか?と思います。

国立競技場周辺

f:id:schazzie:20170715232620j:image

f:id:schazzie:20170715232634j:image

クレーンが林立する工事中の国立競技場と、その周辺をウォーキング。このあたりから新宿方面が見えるのは、国立競技場が建つまでの期間限定です。

レモティー

f:id:schazzie:20170715163609j:image

今日はレモティー。
紅茶の代わりに緑茶で作ってみたSUNTEAを、たっぷりの氷の上に注ぎ、レモンと砂糖を入れました。

以前からSUNTEAを緑茶で作ったらどうか?と思っていたので、実際にやってみたわけですが、これも渋みや苦みが出ずまろやかになりました。

が!SUNTEAのイメージとしては紅茶の方が合う。そもそもSUNTEAと呼ばれる物は紅茶ですからね。緑茶を冷茶にする場合は、氷水で淹れた方が緑茶本来の味になるし、栄養価も高い。渋みや苦みも出ません。だからわざわざ日光に当てる必要性を感じないかなあ。

ただレモンや砂糖を足すと、太陽の恵みを感じるまた別の美味しい飲み物になる気がします。実際にレモティーは、ドトールでも夏の飲み物として商品化されていますね。これはこれで好き。

今年初のSUNTEA

f:id:schazzie:20170714153203j:image

今年初のSUNTEA作成中。
真夏限定の太陽の恵みです。

太陽の光と熱で淹れる紅茶ですが、作るには真夏の快晴の日がベスト。今日は東京では珍しくほぼ快晴になったので、作ってみました。

今の住まいのベランダは直射日光が入らないので、毎年楽しみにしていたSUNTEA作りは無理だと諦めていましたが、高さのある台に乗せれば幅10cmくらいの直射日光が当たる場所がある事に気付き、去年の夏の後半からまた作り始めました。

四方から光と熱が当たるのがベターですが、幅10cmではそれが無理なので、下にアルミホイルを敷いて補っています。

SUNTEAでいただく夏の太陽のパワーが、私の元気の源。無駄に暑いだけじゃない夏。この楽しみがあるから、死にそうに暑い夏を乗り切ることができると思っています。