schazzie's notebook

ボーカリスト“schazzie”の雑記帳

雨のニューオリンズ

 
 
夕方、CSのザ・シネマで「雨のニューオリンズ」(原題:This Property is Condemmed)をやっていたので録画した。ロバート・レッドフォードナタリー・ウッド主演の1965年の映画で、原作はテネシー・ウィリアムズ、脚本がフランシス・コッポラ、監督はシドニー・ポラックという顔ぶれ。個人的にはレッドフォードもナタリー・ウッドもそんなに好きではないんだけど、ニューオリンズテネシー・ウィリアムズに惹かれて。
 
それに何と言っても、この映画には「アラバマ物語」のスカウト役、メアリー・バダムが出ているので、どうしても観てみたかった。バダムは「アラバマ物語」以外で観たことがないので、とても興味深い。何故なら、私の中でバダムは、「アラバマ物語」のスカウト以外の何者でもないから。というわけで、後で観るのがすごく楽しみ!