schazzie's notebook

ボーカリスト“schazzie”の雑記帳

悪の法則

 

悪の法則

悪の法則

 

 映画脚本。コーマック・マッカーシー本人の脚本で、リドリー・スコット監督が映画化。

 

 内容紹介

弁護士が足を踏み入れたのは危険な麻薬取引の世界だった。リドリー・スコット監督、マイケル・ファスベンダー主演映画化、本年11月15日日本公開決定。アメリカの巨匠が書き上げた戦慄の脚本登場             

内容(「BOOK」データベースより)

麻薬取引に手を染めた弁護士の男。一度儲ければそれでおしまいのはずだった。しかし、彼は自分がいつの間にか断崖の縁に追い込まれていることに気づく。そして彼にも、彼の周囲にも容赦のない暴力が襲いかかる―ピュリッツァー賞を受賞したアメリカの巨匠が描く傑作クライムサスペンス。映画脚本。            

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 

マッカーシー,コーマック
1933年、ロードアイランド州生まれ。大学を中退すると、1953年に空軍に入隊し四年間の従軍を経験。その後作家に転じる。「国境三部作」の第一作となる第六長篇『すべての美しい馬』(1992)で全米図書賞、全米批評家協会賞をダブル受賞した。第十長篇『ザ・ロード』(2006)はピュリッツァー賞を受賞した。名実ともに、現代アメリカ文学の巨匠である。

黒原敏行
1957年生、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)