schazzie's notebook

ボーカリスト“schazzie”の雑記帳

アサリの栄養素再確認

f:id:scw:20130509201608j:plain

 最近よく作るボンゴレビアンコ。砂抜きなどが面倒なので家ではあまり使わなかったアサリですが、近くのスーパーで業務用の冷凍アサリが売られていたので使ってみたところ、全く問題なし!というわけで、アサリの出番が増えました。

 

お手軽に使えるようになったし冷凍庫で保存もしておけるので、とても便利に使ってます。業務用だから、近所のレストランでも使ってるかもしれないし。生と比べても遜色ありません。で、身体にもいいのよね。

 

ちなみに、アサリの栄養素とは・・・。

■あさりの栄養素(食材100g当たり)

・鉄分が7.0mg
ビタミンB12が52.4μg
・カルシウムが80mg
・カリウムが140mg
亜鉛が1.0mg

 

■あさりの健康効果

あさりのタンパク質は、魚肉の半量程度しかなく脂質量も低いことから、一般的には栄養価は低いように見られがちである。しかし、あさりには貧血と関係の深い鉄分・ビタミンB12が豊富に含まれ、貧血気味の人や低血圧の人、妊産婦には最適な食材と言える。

 

あさりは佃煮だと鉄分の量が生より3倍以上に増し100g中25mgにもなる。その他あさりにはカルシウム・カリウム・亜鉛・銅・クロムなどのミネラル、ビタミン、タウリンなどが多く含まれている。

 

近年注目されているアミノ酸の一種であるタウリンには、血圧を正常に保つ働きの他、心臓強化、貧血の予防、血中コレステロールを減少させ血液をサラサラにする、肝臓機能の促進、アルコール障害の改善、糖尿病の防止など多くの効用が認められている。また、神経伝達物質の働きを調節し、中でも網膜に多量に含まれ網膜神経組織の発育・安定化に重要な役割を果たす。

 

引用:医学・健康情報サイト J-Medical

 

私が注目しているのは、タウリンの働きですね。血圧、肝臓、コレステロール、疲れ目などなど、もっと早くアサリをたくさん食べていればよかったと思いました。アサリだけでなく貝類にはだいたい含まれているから、もっと貝を食べましょうよということ。今度はクラムチャウダーを作りたいな!