ヨイコトニッキ

Something Nice

2016-07-16から1日間の記事一覧

これからの民主主義

「暮らしの手帖」のカリスマ編集長だった花森安治は平易な言葉で語りかける思想家であった。 「ぼくらの暮しを、まもってくれるものは、だれもいないのです。ぼくらの暮しは、けっきょく、ぼくらがまもるより外にないのです。考えたら、あたりまえのことでし…

これからの民主主義

「暮らしの手帖」のカリスマ編集長だった花森安治は平易な言葉で語りかける思想家であった。「ぼくらの暮しを、まもってくれるものは、だれもいないのです。ぼくらの暮しは、けっきょく、ぼくらがまもるより外にないのです。考えたら、あたりまえのことでし…

やまとびとコーヒー

2日目に行った長谷寺付近は、町ごと古びた雰囲気と匂いで、新しい建物などはほとんどなく、冷房の効いた店などなさそうに思いましたが、中に1軒おしゃれなカフェを見つけました。やまとびとコーヒーというのを出している店で、添えられたミルキーのような…

わらび餅

小腹が空いたので、奈良名物のわらび餅も注文。お店でわらび餅を食べたのは初めて。見た目も涼しげだし味もGOODでした。もちもちの食感が好き。涼しげなわらび餅といい、冷たいそうめんといい、そういった物が名物になるってことは、奈良は昔から暑かったん…

暑さたまらずかき氷

広い法隆寺を回って、服もタオルも汗でぐっしょり。風もないので体温が下がらない。というわけで、法隆寺前にあった冷房の効いた店で久しぶりにかき氷。金時なしの宇治。 当然というか何というか、お寺にはどこも冷房がない。なぜかお寺の周囲の茶店にも冷房…

夢殿

法隆寺の夢殿。ところで、法隆寺で一番印象が強いのは玉虫厨子。自分の修学旅行時、どんなに綺麗な物かと楽しみにしていたら、玉虫のたの字も分からなくてがっかりという印象が強く、そんな期待はすでにないものの今回も同様。聖徳太子がいた頃は、きっと夢…

法隆寺

法隆寺の五重の塔。建築物としては興福寺の五重の塔のほうが美しいと思う。でも、聖徳太子が作ったお寺として有名だから修学旅行生がいっぱい。外でも騒がしいけど中でもうるさい。なのに先生は一切注意しないので驚いた。これは良くない。TPOを学ばせないと…

斑鳩の里

斑鳩の里。奈良の天気はどこも毎日こんな感じでした。山に雲が降りて霧だか靄だか結構ドラマチックな眺めではあるけど、周囲が全てこんな感じだから湿度が高いんでしょう。聖徳太子もこんな中で暮らしていたんですね。

冷やしそうめん

こちらが普通の冷やしそうめん。これはこれで夏らしいビジュアルだけれど、個人的にはぶっかけそうめんの方が数倍好き。

奇跡のぶっかけそうめん

本場三輪そうめん。大神(おおみわ)神社の入り口で食べたぶっかけそうめんと柿の葉寿司。最初から最後まですごく冷たくて美味しかった!奈良で一番美味しかった物です。 長谷寺から聖林寺と巡って暑さで倒れそうになっていたのが、奇跡のように瞬時に生き返…

三島由紀夫の石碑

日本最古の神社、三輪の大神(おおみわ)神社にあった三島由紀夫の碑。ドナルド・キーンと共に訪れて数日宿泊し、御神体である三輪山に登ったらしい。なんたって三島由紀夫ですもの、やっぱりお寺より神社ですよね。

典型的なホテルの朝食

写真に撮るほどのこともない典型的なホテルの朝食ですが、昨今こういう朝食はめったにお目にかからないので、個人的には珍しい。1日目は和定食。翌日は洋定食。だりんは茶がゆでした。結局、この和定食が一番美味しかった。ご飯お代わりしたもの。

最も奈良らしい景色

水と緑と五重の塔。猿沢の池越しに興福寺の五重の塔を見た最も奈良らしい景色。西日が照りつけた僅かな時間に撮れた貴重な青空です。この後はずっと曇りか雨でした。気温30度越え、湿度100%での苦行の旅。

奈良の大仏

これが有名な奈良の大仏ですか。って修学旅行で見てなかったっけ?全く記憶にない。

茶屋

奈良、興福寺付近の茶屋。

鹿さん

奈良公園の鹿。鹿ってとても優しい目をしているんですね。

興福寺の五重の塔

最初に行った興福寺の五重の塔。鹿の糞と中国人だらけ。写真はともかく、実際は日本の古都の趣が全く感じられない。台無しです。3日目に興福寺の博物館で国宝を見た。そちらは静かで良かったです。私は運慶の作品が好きってことが分かったのが収穫。

富士山

7/7〜7/9まで奈良旅行。行き帰りの新幹線で、富士山が見れたのはたったこれだけでした。残念!